音痴の自覚

聴覚障害のない場合であっても、音痴の人には自分が歌っているのを聞いて「音程がずれてるな」と気付いている人と気付かない人がいます。

自分の音程のズレに気づいている人は、単に歌い慣れていないだけです。歌うことに慣れてないのに人前で歌うわけですから、喉が緊張し、音がずれてしまうのです。こういう人は、きちんと音を出すように発声法を習得したり、何回も何回も歌うことにより、「歌う」ということに慣れればよいのです。


問題は音程のズレに気づいてない場合です。
この場合は、音がどの程度ズレているのかという基本的なことを本人が気付かなければなりません。

普通に歌える人には当たり前のことでも、音程がなかなかうまく取れない人というのは、その些細なことが気付きません(気付けません)。

では、自分が音痴かどうか知るにはどうしたら良いでしょうか?

一番手っ取り早いのは周りの人に指摘してもらうことです。が、それだとお互い勇気もいりますので、たとえば録音した自分の音を聞いたりするのが良いでしょう。

自分の声は骨導音といって直接骨に響く振動として聞き取っていますから、気導音として空気を伝わっている音との違いがわからないのです。
テープレコーダーなどに自分の声を録音して自分の耳で聞いてみることで、自分がどの程度の音痴なのかがよくわかります。
そして、不幸にも(?)自分が音痴だとはっきり自覚できたなら、音痴を治す練習をしてみましょう。世の中には音痴を治すいろいろな手法がありますが、ここではその中から一つ、音程を取る練習方法をご紹介します。

【ピアノを使った音程レッスン】
ピアノに直接耳を当てて音を聞き取り、実際に「ド・レ・ミ」の音階で発声してみます。これを何回も何回も繰り返し、音階がつかめたと思ったら、それを録音し聞いてみてください。
これで音程がはずれていないようなら効果があったということです。
やはりおかしいと思うようならまた繰り返し直接耳を当てて聴き、発声する訓練を繰り返してみましょう。
そして、できれば他の人に聞いてもらって音がずれていないか確認してもらってください。録音して聞いていても、何度も聞き返すうちに自分ではなかなかわかりにくくなってしまうからです。
そして、ある程度音程が取れるようになったら、後はひたすら歌って慣れてください。 ピアノでなくとも、キーボードなどでも練習可能です。キーボードは安いものなら1〜2万円で購入可能ですので、自分で音痴を克服したい方はご検討ください。

Copyright © 2008 音痴マニア All rights reserved